ギムリス通販購入【楽天・Amazonが激安?最安値・格安販売店】

ギムリスの通販購入は楽天・Amazonが激安?最安値・格安販売店

ギムリスをできるだけ安い値段で購入するには??

ギムリス

 

ギムリスって、実はショップによって値段が全然違うんですよね・・・

 

僕が初めて買ったのはYahoo!でした。

 

その時の値段は14,440円!ちょっと高いところで買っちゃいました!

 

まあ、アマゾンは安いだろうってことで、購入したんですが、実はもっと安い販売店があったんです!

 

この記事では、どこで一番ギムリスを安く購入できるかを比較していきます。

 

ギムリス

 

ショップによって値段や特典が違うので気を付けてくださいね。

 

ギムリスの価格比較

公式ページ

ギムリス

 

1箱の価格:11,980円

 

2箱の価格:23,000円

 

ただ、セール中に買った場合は、1箱のおまけつきで、3箱で23,000円です。

 

23,000円÷3=7,666円なので

 

1箱7,666円で買えます。

 

ギムリス

 

ぼくも、このセール中に買うことができました。

 

※セールは終わってる場合があります

 

 

【セール開催中】公式サイトはここ

 

 

 

 

amazon

ギムリス

 

amazonだと1箱:13,200円

 

特典はありません。

 

楽天

ギムリス

 

楽天だと1箱:3,824円

 

4位ヤフー

ギムリス

 

ヤフーだと1箱:14,440円

 

 

もし、あなたがギムリスを最安値で購入したいと思ったら、公式サイトが一番安いです。

 

キャンペーン中に購入するとかなり安く買えます。

 

※キャンペーンは終わってる場合があります

 

 

ギムリスのセール情報を見る【公式サイト】

 

 

ギムリスはまとめ買いと単品購入どちらがお得??

ギムリス

 

まとめ買いだと、一番安いのは3箱で23,000円。

 

23,000円÷3箱で計算すると1箱あたり7,666円

 

僕も公式サイトでまとめ買いをしました。

 

1箱11,98円で購入するよりもトータル的にはかなりお得です。

 

1箱まずは試してみたいって人は単品購入でいいかもしれませんが、1か月だけだと増大もあまり期待はできません。

 

できれば、3箱程度一気に買って、3か月は継続して続けることが大切かと思います。

ギムリスの購入方法【クレジットカード決済と代引き】

ギムリス

 

ギムリスの購入方法は

 

@代金引換(代引き)   Aクレジットカード決済     B後払い

この4つから選べます。

 

@代引きについては、商品が届いたときに、発送した人にお金を払います。代引き手数料として324円払わないといけません。

 

ちなみに僕は代引きをいつも選びます。

 

Aクレジット決済については、一括払い、分割払い、リボ払いの3つから選べます。

 

分割とリボルビング払いに対応してないクレジットは一括になります。

 

自筆サインが必要だから、本人じゃないといけないようです。

 

商品が到着したときにカードを提示しないといけません。

 

代引き手数料が324円かかります。

 

B後払い
(コンビニ決済)

 

ギムリスは薬局には売ってないの??

僕は、ゼファルリンを買い求めていろんなドラッグイレブンを巡ってみた経験があります。

 

まずマツキヨ!
ゼファルリンの最安値・格安販売店

 

残念ながら売っていませんでした。

 

次にドラッグイレブン

 

ゼファルリンの最安値・格安販売店

 

ココにもありません。恥ずかしながら女性の店員に聞いてみました。。。

 

相手も苦笑い・・・やっぱり店員には聞きたくないですね・・・恥ずかしいです。

 

次にセガミ

 

ゼファルリンの最安値・格安販売店

 

ココもありませんでした。自力で20分ぐらい徹底的に探してみましたがありませんでした。

 

ゼファルリン以外のヴィトックスやゼノファー、リザベリン、モットン、ゼナフィリンなども薬局・ドラッグストアにはおいてありませんでした。

 

公式サイトに電話してみたところ、ゼファルリンは通販限定とのこと。これは事実のようです。

 

ギムリスを飲むときの注意点

ギムリス

 

ギムリスを飲むうえで知っておきたいことは、サプリメントであって薬ではないということです。

 

風邪薬とか頭痛薬、酔い止め薬って飲んだらすぐ効きますよね??

 

ぼくは偏頭痛持ちなので、ロキソニンという薬を飲むと、飲んで30分後には、頭痛はほとんど治ります。

 

薬(医薬品)って、即効性があるのが特徴です。

 

それに対して、ギムリスはサプリメントです。

 

サプリメントには薬のような強い成分は入っていないので、飲んですぐには効果は出ません。

 

なので大切なのは継続して飲むことです。

 

継続して飲むことで、体の内側から少しずつ徐々に体の外側に効果が出てきます。

 

増大も同じです。

 

ペニスの中の海綿体が血行促進によりちょっとずつ大きくなることで、ペニスが増大するので、時間が結構かかります。

 

なので、増大できるかどうかは継続して飲めるかどうかにかかるといっても過言ではないでしょう。

 

 

【最安値】公式サイトはこちら

 

ヴィトックスもおすすめ

ゼファルリンと同様に人気があるのがヴィトックスαEXTRAeditionという増大サプリメントです。?−シトルリン、?−アルギニン、?−トリプトファンを主成分とした特徴としてはゼファルリンに似たサプリメントです。ただ、ゼファルリンと大きく違うのは成分の多さです。ゼファルリンが59種類の成分に対してヴィトックスαは100種類以上の成分が含まれています。
男性が性的刺激を受けると、それにより血管の中に一酸化窒素が発生し、その一酸化窒素が血管を拡張し、血流を勢いよくすることにより、ペニスへの血流を増大し、勃起力を向上します。
勃起力を向上するだけでなく、ペニスが受け入れられる以上の血流が流れ込むことによって、ペニス内の毛細血管の隅々まで血液がいきわたり、ペニスを最大限に膨張させます。
しかし、それが一回だけで凄い大きくなるなんてことはなく、何回も勃起を繰り返すことによりその膨張が定着するように体に刻み込まれることになるのですヴィトックスEXTRAeditionという増大サプリメントはそれらにとてもいいといわれています。
ゼファルリンに含まれるもう一つの主成分L-トリプトファンは、主に急速サプリメントで使われる成分で、ぐっすり眠れるようになる効果があります。
これが勃起力向上とペニス増大にどう関係しているかといえば、深い睡眠を取ることにより、自律神経の中の交感神経・副交感神経のバランスを整え、就寝中に副交感神経を活発にする役目を持ちます。
就寝中に成長ホルモンが最も活発に分泌されるのですが、副交感神経が活発になることにより、その成長ホルモンの分泌が最大限に分泌されることになるのです。

 

 

ヴィトックスα効果と口コミ(増大サプリ)

 

 

 

 

ギムリスの成分について詳しく・・・

ギムリスには33種類の成分が含まれています。普段は効きなれないようなクラボワスカ濃縮エキス末やムイラプアマ、ウアナルポマチョ、ヒハツなどもふくまれています。それぞれどのような特徴があるのか紹介します。
ムイラプアマとは・・・
アマゾン河流域に原産するムイラプアマは、さまざまな目的で原住民に愛用されてきたハーブです。とくに、昼も夜も元気いっぱいがんばりたいという男性から人気を集めています。まだまだこれから「現役」を楽しみたい!そう感じる男性はもちろん、肉体労働や激しいスポーツの後などにも、試していただきたいハーブです。ムイラプアマは古くから性機能を増強する木として南米で親しまれていて、ハーブ治療の一環としても利用されています。1950年代以来、ムイラプアマはブラジル薬局方にも登録されていて、その効果は折り紙付きですね。
?性欲の向上・テストステロンの分泌量アップ
?疲労回復効果
?血圧を下げる効果
?コレステロールの低下と筋力増強効果
ムイラプアマは植物の一種なので、そこに含まれている成分・栄養が人体に効果を発揮してくれてるはずですね。

 

ウアナルポマチョとは・・・
ウアナルポマチョは、標高1,500mのアンデス山脈東側の乾燥地帯に生息しているトウダイグサ科の植物です。 ウアナルポマチョに含まれている主要成分は、アルカロイド(ヤトロフィナ、マクランチナ、クルシナ)、脂肪酸(クルシノレン酸、イソセチニン酸、リノレン酸、パルミチン酸)、サポニンなどです。

 

好色で知られた古代インカのシンチルカ王が、姦淫の前に必ず使用していたといわれる伝説の媚薬。
マチョは「マッチョマン」の語源にもなりました。
年齢と共に減退するソノ気をぐんぐんよみがえらせるハーブとして、数世紀にわたり世界中で愛用されてきました。

 

ヒハツとは・・・
最近、ヒハツの注目度が上がったきっかけの1つに、2016年の11月に放映されたテレビ東京の「主治医が見つかる診療所」があります。
この放送で金沢医科大学病院の医師である赤澤純代さんが、機能しなくなった「ゴースト血管」がヒハツで血管機能が回復すると解説して反響を呼びました。
ヒハツには「Tie2(タイツー)」という体内にある酵素(正確には「血管内皮細胞の受容体型チロシンキナーゼの一種」)を活性化させる働きがあることがわかってきました。
ヒハツの実はスパイスとしてインド料理や東南アジアの料理によく使われているほか、インドの伝統医学であるアーユルベーダでは薬草として使用されています。
ヨーロッパでは、古代ギリシアやローマで香辛料や生薬として使用されていましたが、大航海時代にコショウが輸入されるようになってヒハツの使用はすたれたと言われています。
漢方では、ヒハツは食欲増進や冷え症改善の生薬として使用されています。
日本では縄で「ヒハツ」の近縁種が「島コショウ」という名前で豚肉料理などの調味料に使われています。
このTie2(タイツー)が活性化すると血管が構造的に安定化し、傷ついた血管が修復されます。さらに毛細血管が安定化すると、酸素や栄養分が正常に肌細胞に送られるようになります。これによりターンオーバーが促され、コラーゲンやエラスチンなどのうるおい成分をつくり出す線維芽細胞も元気になって、透明感のある美しい肌がつくられるのです。ヒハツは、ふつうのスーパーでも「ロングペッパー」「ヒハツ」「ナガコショウ」などの名称で売られていますが、最近のブームで売り切れ続出だとか!
ヒハツのいったい何がすごいのかって、それはヒハツの持つ「ゴースト血管を修復する力=Tie2(タイツー)効果」にあります。

 

 

http://www.audre.nl/

 

ホーム RSS購読 サイトマップ